レジ打ちだけじゃない!スーパーのアルバイト特集

スーパーのアルバイトの基礎知識!

基礎知識を仕入れておこう

スーパーのアルバイトに関する基礎知識を紹介します。一般的にスーパーの営業時間は午前9時か10時頃から夜9時くらいまでで、アルバイトのシフト時間もこまかく区切られている場合が多いです。そのため家事や育児をメインに、空いた時間で短時間だけ働きたいという主婦にとってスーパーのアルバイトはとても働きやすい環境です。レジ打ち以外にも様々な仕事があるのもスーパーの良いところです。接客が苦手でもバックヤードなら安心して働けますね。

  • どんな業務があるのか

    スーパーの仕事というとレジ打ちばかりが思い浮かぶかもしれませんが、実はたくさんの仕事があります。陳列棚に商品を並べたり補充したりする売り場管理の仕事や、青果・精肉・生魚部門で働く仕事もあります。またお惣菜を作るのもスーパーの仕事のひとつです。女性の場合はレジ打ちとお惣菜の仕事をまかされる事が多いです。こまやかな接客が必要なレジ打ちや、調理のスキルが必要な惣菜売り場の仕事は主婦としての経験が活かせる仕事だからです。

    詳細を見る

    どんな業務があるのか
  • スーパーで働くメリット

    スーパーのアルバイトをするメリットのひとつに作業内容を覚えやすいという事があげられます。これまでに仕事の経験がないという主婦の方にも人気のアルバイトである理由にもあげられます。コンビニほどいろいろな作業をするわけではなく、レジ打ちであればレジまわり中心の仕事の作業内容を覚えるだけで済みます。またスーパーは働いている人が多いのでフレキシブルなシフトを組む事ができます。短時間でも午前中だけでも働けるので、子育て中の主婦の方などは働きやすいと思います。

    詳細を見る

    スーパーで働くメリット
  • 仕事で使う業界用語

    スーパーで働きだすと聞いた事がないスーパーならではの専門用語を聞く事になると思います。働き始めて戸惑わないようにいくつか知っておくとよいと思います。まずは「エンド」です。これは陳列棚の正面や背後にあたる、お客さんの目につきやすい面の事を指します。また「サッカー」はレジでお客さんの購入した商品の袋詰めを手伝う役割の人の事を指します。「チェリーピッカー」は特売品しか買わないお客さんの事を指します。他にもたくさんありますので、アルバイトをしながら覚えていくといいでしょう。

    詳細を見る

    仕事で使う業界用語

初バイトの学生はこちら

  • どんな業務があるのか

    スーパーの仕事はレジ打ちを中心に、売り場管理の仕事や総菜売り場での仕事、青果・精肉・生魚部門での仕事などがあります。細やかな接客と、柔らかい対応が必要なレジ打ちは女性が担当する事が多いです。またお惣菜売り場の仕事も主婦経験者が担当する事が多いです。逆に品出しや陳列など、力仕事が多い売り場管理の仕事や青果・精肉・生魚の各部門の仕事は男性が担当する事が多いです。すべての業務をこなすコンビニと違い、どこかのセクションを任されるとその仕事だけに専念し、他の仕事と兼任する事はほとんどありません。

  • 出勤初日のマナー

    スーパーで働く初日はあなたの第一印象を決める大切な日だと心得ましょう。特に遅刻だけはしないようにする事が最低限のマナーになります。10分前に仕事ができる状況になるように逆算して家を出るようにしましょう。これから仲間になるスタッフにしっかり挨拶をして名前と顔を覚えてもらう事も重要な事です。できれば挨拶をした相手の顔と名前も憶えましょう。またメモを持参して、覚えておきたい事柄を忘れないようにしましょう。