レジ打ちだけじゃない!スーパーのアルバイト特集

スーパーのアルバイトにはどんな業務があるの?

どんな業務があるのか

レジ打ち

スーパーの仕事で真っ先に頭に浮かぶのがレジ打ちの仕事で、主に女性が担当をする仕事です。スーパーの顔ともいえる存在で、お客さんとの接客の良し悪しがそのスーパーの印象を決める重要な仕事です。作業内容としてはバーコードリーダーで値段を読み込み、おつりも自動的に出てくるレジが増えていますので難しくはありません。袋詰めもコンビニとは違い、基本的にお客さんがしますので、その手間もかかりません。
ただし一人一人が購入する点数がコンビニなどに比べると多いので、混雑する時間帯はスピードが求められます。またお客さんのクレームや質問は基本的にレジの人を通じて行われる事が多いので、覚悟が必要です。

売り場管理

売り場管理の仕事は、商品の品出しや陳列、陳列棚の整理整頓などが中心です。値引きのシール貼りをしたり、賞味期限が切れたものをバックヤードに戻すなどの仕事もあります。売り場にいる事が多いので、お客さんに商品の位置を質問される事がよくあります。すぐに案内できるように店内の商品の位置関係を把握しておく必要があります。人気商品が売陳列棚からなくなる前に商品を補充したり、商品の置き方が乱れていないかなどチェックする事も大切です。

惣菜売り場

スーパーのお惣菜づくりを担当する仕事もあります。お惣菜目当てでスーパーに来るお客さんも多いので、とても重要な仕事です。スーパーにお惣菜を買いに来る人は、そのお店ならではの味付けのファンが多いので、その味付けに合わせて調理を出来る事が大切です。しかし高級スーパーのような場合を除くと、家庭の味のようなお惣菜を求められていますので、普通に料理が出来る人、主婦経験がある人などが有利な仕事だと思います。採用の際の年齢の上限がほとんどない場合が多いのも特徴的です。

青果・精肉・生魚などの各売り場

スーパーの規模にもよりますが、大きなスーパーの場合は青果部門、精肉部門、生魚部門が分かれていて、各部門から募集がある場合があります。青果部門の仕事は納入された野菜などの品出し、またキャベツを半分や4分の1にカットしてパッキングするなどの仕事があります。野菜が入った段ボールは重いので重労働になりますので、男性スタッフが中心になります。
精肉部門は肉を指定されたグラム数に合わせてカットをしたり、パッキングをする仕事が中心になります。機械による作業の場合もあれば包丁でカットをする場合もあります。生魚部門では生魚をさばくのが仕事の中心になります。魚一匹をお刺身にする事ができる程度のスキルが必要です。そのため初心者よりも経験者であるほうが有利な仕事です。

初バイトの学生はこちら

  • どんな業務があるのか

    スーパーの仕事はレジ打ちを中心に、売り場管理の仕事や総菜売り場での仕事、青果・精肉・生魚部門での仕事などがあります。細やかな接客と、柔らかい対応が必要なレジ打ちは女性が担当する事が多いです。またお惣菜売り場の仕事も主婦経験者が担当する事が多いです。逆に品出しや陳列など、力仕事が多い売り場管理の仕事や青果・精肉・生魚の各部門の仕事は男性が担当する事が多いです。すべての業務をこなすコンビニと違い、どこかのセクションを任されるとその仕事だけに専念し、他の仕事と兼任する事はほとんどありません。

  • 出勤初日のマナー

    スーパーで働く初日はあなたの第一印象を決める大切な日だと心得ましょう。特に遅刻だけはしないようにする事が最低限のマナーになります。10分前に仕事ができる状況になるように逆算して家を出るようにしましょう。これから仲間になるスタッフにしっかり挨拶をして名前と顔を覚えてもらう事も重要な事です。できれば挨拶をした相手の顔と名前も憶えましょう。またメモを持参して、覚えておきたい事柄を忘れないようにしましょう。