レジ打ちだけじゃない!スーパーのアルバイト特集

求人探しや面接対策など、スーパーでアルバイトを始めるためのお役立ち情報

スーパーでアルバイトをしよう

アルバイト探しにはインターネットのアルバイト求人サイトを使うのが主流です。スーパーのアルバイト求人も多数掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。場所や勤務時間、期間など、希望条件で絞って探せるのでとても便利です。希望条件に合う求人を見つけたらさっそく応募してみましょう。アルバイトの履歴書の書き方や面接対策なども紹介しているので参考にして準備を進めてくださいね。無事に採用されたらいよいよアルバイトスタートです。出勤初日は絶対に遅刻をしないよう、余裕をもって家を出ましょう。

  • 希望を叶える求人サイト

    スーパーでアルバイトをする場合、やはりアルバイト求人サイトを利用するのがおすすめです。まず会員登録をするだけで、希望の職場の求人情報がメールなどで送られてきます。スマホなどでいつでもチェックする事ができるので、気に入った求人にはすぐに応募する事も可能です。また求人サイトの求人情報はフレッシュなので、すでに募集が終了していたという事が少なくありません。いくつかの求人サイトの登録しておくと、たくさんの求人情報の中から希望の職場を選ぶことができるでしょう。

    詳細を見る

    希望を叶える求人サイト
  • 履歴書はこう書こう

    スーパーで働くためには履歴書を作成する必要があります。履歴書はその人の人柄がにじみ出るものですのできちんと作成する事をおすすめします。まずは丁寧に読みやすい文字を書く事です。それだけで誠実で真面目な人だという印象を採用担当者に与える事ができます。また証明写真も重要です。スーパーはお客さんと触れ合う接客業が仕事の中心ですので、少しでも感じのいい人を採用したいと思っているからです。清潔感を大事にした髪型やメイク、服装で、写真館でプロに撮影してもらうのがベストです。

    詳細を見る

    履歴書はこう書こう
  • 面接で聞かれる質問とは

    スーパーでアルバイトをするためには面接を合格しなければなりません。ただ合格するだけでなく、その後の働き方にも影響してきますので、事前に質問される内容を把握して答えを準備しておくといいでしょう。特に大切なのは勤務時間についてです。週何回、何時間、どの時間帯に働けるのかを把握しておく事は大切です。主婦の場合は旦那さんや両親のサポートを受ける必要があるかもしれませんので、面接前に相談しておくようにしましょう。無理な勤務時間やシフトを組まれないように、正直に話をするようにしましょう。

    詳細を見る

    面接で聞かれる質問とは
  • 出勤初日のマナー

    スーパーでのアルバイトの初日は、スーパーの他のスタッフたちから面接をされる日のようなものです。第一印象はとても大事ですので、大切な一日になるでしょう。まず基本として絶対に遅刻をしない事です。10分前には仕事の準備が出来ているように早めの行動をとるようにしましょう。そしてこれから働く職場のスタッフに挨拶をするのも大切な事です。顔と名前を覚えてもらうようにきちんと挨拶をしましょう。メモと筆記用具を持って行く事も重要です。何でもメモを取るようにすると後で困る事が少なくなります。

    詳細を見る

    出勤初日のマナー

初バイトの学生はこちら

  • どんな業務があるのか

    スーパーの仕事はレジ打ちを中心に、売り場管理の仕事や総菜売り場での仕事、青果・精肉・生魚部門での仕事などがあります。細やかな接客と、柔らかい対応が必要なレジ打ちは女性が担当する事が多いです。またお惣菜売り場の仕事も主婦経験者が担当する事が多いです。逆に品出しや陳列など、力仕事が多い売り場管理の仕事や青果・精肉・生魚の各部門の仕事は男性が担当する事が多いです。すべての業務をこなすコンビニと違い、どこかのセクションを任されるとその仕事だけに専念し、他の仕事と兼任する事はほとんどありません。

  • 出勤初日のマナー

    スーパーで働く初日はあなたの第一印象を決める大切な日だと心得ましょう。特に遅刻だけはしないようにする事が最低限のマナーになります。10分前に仕事ができる状況になるように逆算して家を出るようにしましょう。これから仲間になるスタッフにしっかり挨拶をして名前と顔を覚えてもらう事も重要な事です。できれば挨拶をした相手の顔と名前も憶えましょう。またメモを持参して、覚えておきたい事柄を忘れないようにしましょう。