レジ打ちだけじゃない!スーパーのアルバイト特集

スーパーのアルバイトの多様な仕事を知ろう

多様な仕事に迫る

スーパーの仕事というとレジ打ちをイメージする人が多いかもしれませんが、他にも売り場の商品管理や惣菜担当、パッキングなど、様々な仕事があります。レジ打ちの仕事は買い物をするときに見ているのでなんとなく想像ができるかもしれませんが、その他の仕事はどんなことをしているのか具体的に紹介していきます。それぞれの仕事にメリットとデメリット、楽しさやつらさなどの特徴があるので、自分に合いそうな仕事を選ぶ参考にしてくださいね。

  • 定番のレジ打ち

    レジ打ちの仕事はお客さんが購入した商品の会計をミスなくする事が基本になります。お金を扱いますのでうっかりミスが許されません。ミスなく会計をできるようになったら、自分はこのスーパーの顔であるという事を意識して、接客業であると認識して仕事をするようにしましょう。レジ打ちの好感度は店の好感度を左右しますので、笑顔と挨拶などの接客態度はとても重要です。またポイントカードやレジ袋などに関する事柄にも対応しますので、ひとつひとつきちんと覚えましょう。

    詳細を見る

    定番のレジ打ち
  • 意外に大変な品出し

    スーパーでのアルバイトには品出しという仕事があります。商品を陳列棚まで運び並べたり、無くなりそうな商品を補充する仕事です。飲料などは重いので運ぶのは重労働です。力のある男性向けの仕事かもしれません。また品出しの途中でお客さんに商品の位置などの質問を受ける事が多くあります。前もって商品の位置を把握できると仕事がスムーズになります。たくさんの商品を品出しするため、たくさんの人と対面する機会があります。人間関係をうまくする事もこの仕事の重要な要素です。

    詳細を見る

    意外に大変な品出し
  • 料理が上手くなる惣菜売り場

    スーパーの総菜売り場は女性に人気のアルバイトです。特に主婦に人気があります。総菜売り場ではシェフのような役割の方がいます。仕入れた食材や賞味期限がきれそうな食材から美味しいお惣菜やお弁当を考えて作る事ができるほどの料理上手のスタッフです。このようなスタッフと一緒に働く事で自然に料理の腕も上がり、料理のレパートリーも増えていきますので、女子力や主婦力がアップします。また大勢のスタッフと働く事でコミュニケーション能力も付きます。

    詳細を見る

    料理が上手くなる惣菜売り場
  • 高時給の試食品販売

    試食品販売の仕事は週に1回からでも働けて、日給も高めに設定されているのが魅力です。体力的には立ち仕事ですので厳しい面もありますが、毎日仕事をするわけでなければ問題ないでしょう。コミュニケーション能力が必要で、料理の知識があると、試食販売の成果が上がりやすくなるでしょう。ただ日によっては試食もしてもらえず、売り上げも上がらないケースもあるでしょう。あまり気にせず、次の機会に成果を出せるようにコツを掴むようにしましょう。

    詳細を見る

    高時給の試食品販売

初バイトの学生はこちら

  • どんな業務があるのか

    スーパーの仕事はレジ打ちを中心に、売り場管理の仕事や総菜売り場での仕事、青果・精肉・生魚部門での仕事などがあります。細やかな接客と、柔らかい対応が必要なレジ打ちは女性が担当する事が多いです。またお惣菜売り場の仕事も主婦経験者が担当する事が多いです。逆に品出しや陳列など、力仕事が多い売り場管理の仕事や青果・精肉・生魚の各部門の仕事は男性が担当する事が多いです。すべての業務をこなすコンビニと違い、どこかのセクションを任されるとその仕事だけに専念し、他の仕事と兼任する事はほとんどありません。

  • 出勤初日のマナー

    スーパーで働く初日はあなたの第一印象を決める大切な日だと心得ましょう。特に遅刻だけはしないようにする事が最低限のマナーになります。10分前に仕事ができる状況になるように逆算して家を出るようにしましょう。これから仲間になるスタッフにしっかり挨拶をして名前と顔を覚えてもらう事も重要な事です。できれば挨拶をした相手の顔と名前も憶えましょう。またメモを持参して、覚えておきたい事柄を忘れないようにしましょう。